WindowsXPから乗り換えよう

WindowsXPはいつサポート終了するのか?

最近あちこちでWindowsXPが危険という記事を見ます。マイクロソフトがWindowsXPを発売して10年以上が経過しています。セキュリティ対応のアップデートがずっとされていましたが、ついにサポートが終了します。時期は2014年4月9日です。現在発売されているWindows8への乗り換えを促していることがわかります。でもサポート終了したからといって、新しいOSに乗り換える必要があるのでしょうか?

サポート終了は超危険!

「サポート終了ってことは、アップデートがなくなるだけで使えるんでしょ?」と思うかもしれません。確かにWindowsXPがいきなり使えなくなるわけではありません。しかしマイクロソフトのアップデートがなくなるということは、脆弱性への対策が一切なくなることを意味しています。

例えば、Windows2000のことを考えてみましょう。Windows2000はWindowsXPよりも昔のバージョンです。現在、新しいパソコンにWindows2000をインストールしたとします。すると1分以内にウイルスに感染し、パソコンが壊れます。これは海外で検証された事実です。アップデートやセキュリティソフトで対応できる問題ではありません。

つまりWindowsXPも一瞬でウイルスに感染し、パソコンが壊れる危険性があることを意味しています。だからいつまでもWindowsXPを使っているなんてありえません。個人情報の流出、パソコン故障など様々な危険性があるからです。

じゃあどうすればいいの?

WindowsXPについては諦めてください。セキュリティソフトもWindowsXPの対応をやめるはずです。もうWindowsXPは終了したと考えてください。サポート終了=もう使えない、なのです。

では次のWindowsはどれを選べばいいのでしょうか。WindowsXPよりも新しいのは、Vista,7,8の3種類です。最新はWindows8ですね。ちなみにVistaはもう販売されていませんし、WindowsXPの次にサポート終了することを考えると選ぶ価値はありません。

Windows7か8か

Windows7かWindows8の選択になりました。実はWindows8はタッチパネルのノートパソコンやタブレットに最適化されています。だからタッチパネルのノートパソコンを選ぶ人にしかおすすめできません。しかしノートパソコンでタッチパネルを使うかといえば、微妙です。私も触ったことがありますが、結局マウスとキーボードしか使っていません。

だから私はWindows7をおすすめします。今でも人気パソコンメーカーはWindows7搭載モデルを販売しています。メーカーだけでなくBTOパソコンレビューでもWindows7をオススメしています。Windows7とWindows8を比較すると使いやすさが違います。WindowsXPをこれまで使い続けていた人ならWindows7はそのままつかこなせます。でもWindows8は見た目や操作感がガラリと変わってしまったため、評判が悪いのです。私も初めてWindows8を触った時は使い方が全然わかりませんでした。

まとめると、WindowsXPのサポート終了をきっかけに、新しいパソコンに乗り換えるならWindows7搭載のデスクトップかノートパソコンをおすすめします。BTOメーカーならWindows7も売っていますよ。